Go to Top

04. プラナ松戸治療室の症例

プラナ松戸治療室の症例集

【首の痛み 60代男性】 仕事が忙しくなりパソコン作業が大幅に増加。腕の痛みから次第に首まで痛むように。1週間様子をみたが悪化して首が引きつるような痛みに。精神的にも参ってしまった様子。鍼治療で頚部と肩関節を調整。帰り際 …Read More

脊柱管狭窄症の鍼灸治療|プラナ松戸治療室

脊柱管狭窄症には鍼灸が適しています。鍼灸は痛みや痺れ、血流の促進、発痛物質の除去などに効果が認められているからです。病院の痛み止めや神経ブロック注射の効果が乏しかったり、手術を検討される前にぜひ鍼灸治療をお試し下さい。 …Read More

NHK「東洋医学ホントのチカラ」うつ病の鍼治療と脳還元論の問題|プラナ松戸治療室

2/5にNHKで「東洋医学ホントのチカラ」の第二弾が放送されました。テーマは「冬に起こりやすい心身のトラブル」でうつ病にたいする鍼治療が紹介されていました。 うつ病にたいする鍼治療の生物学的根拠 うつ病の鍼治療の研究では …Read More

IT眼症と鍼灸治療|プラナ松戸治療室

IT眼症とは 長時間パソコンやスマホ、タブレット、テレビなどのモニターを見続けることで眼精疲労に陥り、眼の病気や、眼精疲労が波及して全身症状を呈するものをいいます。 眼の症状としては、物が二重に見える、ピントが合わせづら …Read More

息苦しさの鍼灸治療|プラナ松戸治療室

鍼灸治療は自律神経の乱れによる息苦しさの改善に適しています。 息苦しさの原因の8割は呼吸器と循環器にあると言われています。 呼吸器の疾患としては喘息、COPD、胸膜炎、肺炎、気道内異物などであり、循環器の疾患では狭心症、 …Read More

老人性難聴の鍼灸治療|プラナ松戸治療室

鍼灸治療を続けていたら、最近母の難聴が改善されてきた。 84歳になる母は、4年ほど前から老人性の難聴になっていた。 右耳がほとんど聴こえず、左耳も音がこもって聴こえる状態だ。 母の家に行くといつもテレビの音がけたたましく …Read More

抗うつ薬が効果的なのは全体の20%、重症うつ病だけ!?|プラナ松戸治療室

獨協医大埼玉医療センター井原裕教授によると、抗うつ薬が効くのはうつ病の20%で、残りの80%の人に薬は無意味だという(『抗うつ薬は8割の患者に無意味!』ヨミドクター)。 また米ペンシルベニア大学のジェイ・フルニエ(Jay …Read More

自律神経が乱れる原因|プラナ松戸治療室

自律神経が乱れる原因は主に次の4つがあります。 ①精神的ストレス(不満、抑圧感情、悲しみ、寂しさ、不安、心配事、悩み、仕事や勉強のプレッシャーなど) ②生活習慣(夜更かし・徹夜・睡眠不足、家事仕事、長時間のテレビ・パソコ …Read More

自律神経を鍼灸で整える5|プラナ松戸治療室

自律神経が乱れたときの切診所見3 〜背診編〜 前回、前々回で切診の中の脈診、腹診をご紹介してきました。切診の最後は「背診」です。 背診は背中の状態を診る診断法で、自律神経の状態や重要な臓器の状態を診断する要になります。ま …Read More

自律神経を鍼灸で整える4|プラナ松戸治療室

自律神経が乱れたときの切診所見2 〜腹診編〜 前回は脈診について触れました、今回は腹診です。自律神経が乱れた体は一般的に上腹部が緊張しており、下腹部の丹田の力が抜けています。また感情の抑圧が関係している場合は季肋部が緊張 …Read More