Go to Top

ホーム

松戸 鍼灸治療 心療内科

自律神経調整鍼灸

【鍼灸治療】
自律神経を整える鍼灸治療です。
過呼吸、動悸、吐き気、めまい、頭痛、喉のつまり感、抑うつ、不眠、慢性的な首・肩・腰の痛み、慢性疲労、原因不明の不妊症、目の疲れ・痛みなどに。

詳細はコチラ
心理カウンセリング 松戸 心療内科

メンタルカウンセリング

【メンタルカウンセリング】
「ありのままの自分」を発見し、より楽に力を抜いて毎日を過ごすことができるようになるためのサポートを致します。

【子育てコーチング&氣内臓】
「子育てCOACH」による、子育てに悩むお母さんのためのコーチングです。

詳細はコチラ
松戸市ヒーリングセミナー

各講座のご案内

【ココロとカラダを癒す講座】
適宜以下のココロとカラダを癒す講座を開催しております。
・瞑想講座 ・心理学講座 ・気功講座 ・整体講座など。

詳細はコチラ

ご予約・お問い合わせフォーム

セッションのご予約、お体や精神面のご相談、また治療内容のご質問などはこちらのフォームをご利用下さい。

新着情報

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵③ー鎖骨窩を緩めてコロナ肺炎を予防するー|プラナ松戸治療室

今回は、新型コロナウイルスに感染したとしても、肺炎に移行させないためのご家庭でできる東洋医学的な予防法をシェアします。

呼吸器系の状態を反映する鎖骨窩

呼吸器系と関連の深い身体部位は鎖骨窩(図1)です。
鎖骨窩とは鎖骨上部の窪みのことを指します。東洋医学では「欠盆」というツボがあります。

図1. 鎖骨窩

正常な状態ですと鎖骨窩には窪みがありますが、呼吸器系が弱い方は前頚部の筋肉がこわばっていてこの窪みがありません。その場合、鎖骨窩に軽く触れると筋肉のこわばりや軽い痛みを感じます。

東洋医学的には鎖骨窩に窪みがない状態は呼吸器系の働きが悪い状態と判断します。したがってウイルス感染した場合に、肺炎に移行しやすい状態であると考えます。

鎖骨窩の温法

鎖骨窩を正常な状態に戻すために、蒸しタオルによる温法を行います。左右の鎖骨窩に軽く触れてみて、こわばり感が強い方、あるいは痛みがある方を温めます。分からない場合には両方の鎖骨窩を温めても問題ありません。

【方法】
※くれぐれも火傷しないように注意して行なって下さい。

①やや厚手のフェイスタオルを用意します。
②長辺を三つ折りにして、さらに二つ折りにすると使いやすいです。
③タオルを水に浸して、水が滴らない程度に絞ります。
④電子レンジ500wで60-90秒ほど温めます。
⑤火傷しないように適度な温度になったら、以下のように鎖骨窩にタオルを当てて温めます(図2)。
⑥3分ほどでタオルが冷えてきますので、再度水に浸して絞り、電子レンジで温めます。
⑦3回ほど繰り返すと、鎖骨窩のこわばりや痛みが緩和されてきます。


図2. 鎖骨窩の温法
『たった5分で体が変わるすごい熱刺激』井本邦昭著、サンマーク出版より転載

以上が東洋医学的な呼吸器系の状態を良くする処置法です。

たとえ新型コロナウイルスに感染したとしても、肺炎に移行させないことが重要でしょう。
日頃から鎖骨窩のこわばりを緩めて、呼吸器系の働きをを良くしておくことは意味のあることだと思います。ぜひ上記の方法をお試しになり、新型コロナウイルスに備えてみて下さい。

次回は新型コロナウイルスやインフルエンザ、カゼなどのウイルスに感染しないための自然治癒力の高め方についてシェアします。

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵②ー鳩尾を緩めてコロナうつ・コロナ疲れを解消するー|プラナ松戸治療室

潜在的な不安を解消する

自然治癒力を高めるには身体のこわばりを緩めることが大切です。

新型コロナウイルスのニュースをテレビやネットで見て、不安を募らせている方も少なくないでしょう。

そのような不安は潜在意識に溜まっていき、知らず知らずのうちに身体をこわばらせています。

特に潜在的な不安は鳩尾(みぞおち)をこわばらせます。

鳩尾のこわばりは胸椎7番の弾力を失わせますが、胸椎7番は免疫系と関係が深いといわれています。

そこで今回は自宅で鳩尾を緩める方法をご紹介します。鳩尾を緩めることで潜在的な不安を解消し、免疫系が正常に保たれることを期待します。


一般社団法人 野口整体 気・自然健康保持会より転載

この方法を欠伸が出るまで繰り返すと、鳩尾が緩んできます。欠伸を育てるように繰り返し、欠伸が止まるまで行います。すると身体の張り詰めた感じが楽になり、随分とリラックスした状態になります。

不安が募って鳩尾がこわばっている方は、ぜひ試されるといいでしょう。

次回は呼吸器系に影響を与えるこわばりを緩める方法をシェアします。もし新型コロナウイルスに感染しても、肺炎に移行しないようにする東洋医学的な処置です。

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵③
(肺炎に移行させないための東洋医学的な予防法について)

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵①ー自然治癒力を高めてコロナ感染を予防するー|プラナ松戸治療室

自然治癒力を高めることが新型コロナウイルスの最大の防御になる

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。公衆衛生の専門家らはワクチンや治療法がない現在においては自分の免疫力を高めて予防し、また治すしかないと言っています。

現代医学は免疫力や抵抗力を積極的に高める方法を持っていません。それは現代医学が病気の原因を取り除くという発想で発展してきた医療であるためです。

細菌が原因であれば抗生剤、ウイルスが原因であれば抗ウイルス薬やワクチン、腫瘍があれば手術で取り除くなどで病気を治す発想です。ですから免疫力や抵抗力を高めて病気を治す方法を持っていないのです。

一方、東洋医学は自然治癒力を高めて病を癒す医学です。自然治癒力とは免疫力や抵抗力を含めた、自己の健康を維持するための総合的な体力のことです。

新型コロナウイルスで高齢者や心臓病、高血圧、喘息などの基礎疾患がある方に圧倒的に死者が多いのは自然治癒力が低下しているためです。

したがって自然治癒力を高めることが新型コロナウイルスに抵抗する重要な対策となります。

自然治癒力を高めるには身体のこわばりを緩めることが重要

さてそれではなぜ自然治癒力が低下するのでしょうか?

精神的ストレス、過労、食事の不摂生、冷え、外傷などさまざまな原因がありますが、東洋医学的な視点で身体を観察すると、これらは全て身体をこわばらせる原因になっています。

東洋医学の手段のひとつに鍼灸があります。数千年の歴史の中で理解されてきたことは、身体のある部位のこわばりが臓器の働きを弱めて病気になるということです。

例えば消化器に関係する身体部位がこわばると、食欲が減退したり、お腹が張ったり、吐き気が起こったりします。

免疫力に関わる身体部位や呼吸器に関わる身体部位などがこわばれば、免疫力の低下や呼吸器の病気になりやすくなります。

鍼灸ではこのこわばりを「ツボ」といっており、この硬結に鍼や灸を施して緩めることで臓器の働きを回復させ、自然治癒力を高めて病気を治します。

したがって新型コロナウイルス対策として、いかに身体のこわばりを緩めて、免疫力や呼吸器の働きが低下しないようにするかが重要になります。

次回からご家庭でできるその具体的な方法をシェアしていきたいと思います。

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵②
(コロナうつ・コロナ疲れの対処法)

プラナ松戸治療室のサービス

心と体を癒します

体の症状は抑圧された感情が原因の場合もあります。当治療室では鍼灸による体のケアだけでなく、心理士によるメンタルケアもお受けできます。

17年間で述べ数万人の実績

1998年から松戸でセッションを行っております。述べ数万人の経験からクライアント様に最も適したセッションをご提供いたします。

現代医学の検査も重視

当治療室では東洋医学を主としていますが、治療室代表は臨床検査技師の資格を持つ現代医学のスペシャリストです。血液検査や心電図、スパイロメーターなどの結果をお持ちいただくと、医学的な助言を差し上げることができます。

「冷えとり健康法」のアドバイス

当治療室では進藤義晴医師とご息女の進藤幸恵さんが普及活動をされている「冷えとり健康法」をお勧めしております。大変効果のある健康法です。
当治療室は『女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活』PHP出版の巻末にある「全国冷えとりショップ」に掲載されています。

プラナの症例一覧 next prev

  • 仕事の多忙さから、極度に疲労、 3年前から頭にモヤがかかった状態、無気力、記憶力低下、 逆上せ症状が起こる。 2年前から眩暈や動悸、心臓部の痛みが加わる。 病院を受診し、うつ病と診断される。 薬物に抵抗感があり、ネットで調べて当治療室へ来院。 身体所見は、全身の冷え。特に足の冷えが極度。 首や肩の凝りが強い。 第1診後、のぼせ感や肩こりが楽になる。 第2診~3診で、頭のモヤモヤ感、のぼせ感、動悸、眩暈が消失。 体の冷えや首、肩の凝りもやわらぐ。 第4診で自覚症状は全て治まる。 表情も明るくなり、第4診で治療は終了。

    うつ病 40代 男性

  • 7年前に結婚をし、その後、夫からD.V.を受け続ける。 半年前に夫と離婚が成立し、子供と3人で暮らし始める。 その後、1か月ほどしてからうつ症状を発症。 病院を受診し、抗うつ薬を処方される。 当院受診1週間前に元夫が自殺。 うつ症状が増悪し、不眠、無気力、食欲不振、自殺企図が強くなる。 母親に連れられて来院。 身体所見は、無表情、寡黙、全身の極度の冷え、頸部から腰部にかけての極度の筋緊張。 第1診後、身体が温まるとともに顔の表情が出てくる。この夜は良く眠れる。 第2診~4診で身体の冷えや筋緊張がだいぶ取れ、表情も柔和になる。 会話もでるようになり、生きる気力が出てくる。食欲有り。 第5診で症状は全て治まる。 第6診で治療終了。仕事にも復帰し、前向きに生きていけるという。

    うつ病 30代 女性

  • 18年前に長男が交通事故で死亡。 6年前に夫が単身赴任。同時期に次男が結婚し、独り暮らしとなる。 1年3か月前に、夫が肺がんであることが判明。 闘病生活を送るも、7か月前に他界。 その後1カ月ほどしてうつ病を発症。 病院を受診し、抗うつ薬、安定剤、眠剤を処方される。 身体的な苦痛が取れず、当治療室に来院。 胸の重苦しさ、全身の力が抜けない(背中に鉄の棒が入っているように感じる)、 不眠、頻尿、口渇、大腿前面の冷え感などがある。 身体所見は、無表情、ロボットのような強張った動き。全身の冷え、全身の筋緊張。 第1診~2診で、体調の良い状態を感じることが出てきた。 第3診~5診で、体調の良い日が多くなってきた。 第6診~7診で、胸の苦しさや全身の強張り感が消失。 第8診~15診で、症状のほとんどが消失。昼寝もできるし、夜もよく眠れるようになる。 その後、体調管理のために、月に一度程度来院。

    うつ病 60代 女性

  • 10年前に過労で倒れる。 その後、不眠、無気力、ダルさ、不安感など多様な症状が現れる。 病院を受診し、うつ病と診断され抗うつ薬や安定剤を処方される。 薬剤以外の治療法を求め、当治療室に来院。 現在は易疲労、無気力、だるさ、不安感などが残る。 身体所見は、中等度の全身的な冷え、頸部から腰部にかけての筋緊張。 第1診~3診で、ダルさや不安感などが軽くなる。 第4診で薬がシャープに効くようになり、不安感消失。 第5診で全ての症状が消失。 ※当治療室の治療で、効きの悪かった薬の効果が、顕著に出ることがある。

    うつ病 40代 男性

  • 6か月前に職場のトラブルでうつ症状を発症。 病院を受診し、抗うつ薬と眠剤を処方される。 3か月前から不眠症状が増悪、月経も止まる。 全身の筋肉が痛み、喉が詰まる感じがする。 第1診~3診で、全身の筋肉の痛みが消失、喉の詰まり感も楽になる。 第4診~6診で、不眠症状が消失。

    うつ病 30代 女性

  • 4年前に第1子出産。 3日間ほどかかり、大量に出血。 その後、抑うつ感、不安感、首・肩・腰の痛み、動悸、不眠、眩暈、頭痛、下痢などの症状が現れる。 精神科、耳鼻科、消化器科、内科などを受診。 知人から当治療室を紹介され来院。 第1診~4診で、不眠症状が軽減。 第5診~10診で、抑うつ感、不安感、動悸、眩暈、頭痛等、主だった症状が減弱。 第11診~13診で、ほぼ症状消失。 その後、健康管理の為に月に1~2回ほど来院。

    産後うつ病 30代 女性

  • 1か月前に電車が突然停止、閉じ込められる。 その後、電車に乗ると過呼吸、動悸、胸苦しさ、肩や首が緊張するといった症状が出る。 問診から職場で強度のストレスにあることが判明。 元来胃腸が弱く、自律神経が乱れやすい状態。 身体所見は、腹部の硬さ、首肩の緊張、全身の冷え。 第1診後の帰りの電車では、パニック症状が出なかった。 第2診の来院時の電車でも、パニック症状は出なかった。 第3診で治療終了。

    パニック障害 30代 女性

  • 例年になく大変仕事が忙しかった中、 10ヶ月前にひどいカゼを引き、嘔吐と下痢を繰り返す。 8ヶ月前に突然、過呼吸症状が出現。 電車の中や会社、自宅など、場所を問わず症状が出る。 心療内科を受診しパニック障害と診断され、抗不安薬等を処方される。 回復が今ひとつなことに不安になり、当治療室を来院。 身体所見は、全身の冷え、腹部の硬さ(みぞおち)、首・肩・腰の筋緊張。 食欲不振、下痢、便秘を繰り返している。 第1~第9診で食欲が回復。体が温まり、発作は消失。

    パニック障害 30代 女性

  • 1か月前に職場で緊張する場面に遭遇、動悸が起こる。 その後、電車やバスの中でも動悸が再現され、吐き気や眩暈も加わる。 問診から3か月前に手術を経験し、かなり体調が悪い状態であることが判明。 引っ越し等も重なり、身体的な疲労も強かった。 第1診~4診で、全ての症状が消失。 治療終了。

    パニック障害 20代 女性

  • 5年前に地下鉄に乗車中、電車が停止し閉じ込められる。 3分間ほどの時間であったが、冷や汗、動悸、震えが止まらなくなる。 その後、電車に乗るとパニック症状が出現するようになる。 心療内科を受診、パニック障害と診断される。 安定剤や漢方薬の処方を受ける。 その後、耳鳴り、食欲不振、早期覚醒、全身の冷え感などが出現。 当治療室に来院。 第1診~4診で主だった症状が消失。 治療終了。

    パニック障害 40代 男性

  • 6年前に結婚後、数ヶ月で夫がD.V.を振るうようになる。 5年前から過呼吸症状が現れ、精神的に不安定になる。 3年前に離婚をし、子供と逃げるように家を出る。 トラウマが残り、恐怖感やイライラ、気分の落ち込み、体の痛み、 尿意の異常感、不眠等のPTSDが現れる。 身体所見では、極度の全身の冷え、全身の筋緊張。 第1診~8診で体が温まり、全ての主訴が消失。 治療終了。

    D.V.後のPTSD 30代 女性

  • 7年前から心臓がドクドク高鳴るのを感じ、夜眠ることが困難な状態といいます。 病院でホルター心電図等で検査を受けましたが、器質的な異状はなく、 ストレスからくる不整脈と診断されました。 安定剤を処方されましたが、一向に改善されませんでした。 東洋医学の治療を希望し来院されました。 脈を診ると、あまりに乱れた脈で1分間の脈拍数が分からない状態でした。 腹診を行うと、下腹に力が無く、 臍からみぞおちにかけて広範囲に圧痛がある状態でした。 全身的に緊張していて、顔色や表情も暗く、 何か心に背負ったものを感じました。 お話を伺うと、家庭に大きな問題を抱えていました。 このケースは、本来安らぎの場である家庭に問題があり、 休まることができなかったことが原因と考えられます。 長期間に渡り問題を抱えられいて、 そうしたことで生体のバランスを崩してしまったのでしょう。 心積心虚症、第3方式で治療を行ないました。 意外なことに2回ほどで不整脈がなくなり、 睡眠が取れるようになりました。 本来このような長期に渡って体調を崩された場合は、 回復するのにも時間がかかるのですが、 この方の場合は、元々体力があった方なのでしょう。 しかしその後も精神的に負担が加わると、軽い不整脈が表れることから、 カウンセリングなどを通して、根本的な問題の解決が必要と感じました。

    不整脈 40代 女性

  • 2ヶ月前からノドが詰まるような、圧迫されるような感じがあるといいます。 診察すると、左肩、後頸部、前頸部の筋に強い緊張がありました。 脈診を行うと、脈の輪郭が硬く、かなり緊張されている印象でした。 六部定位脈診で「肺」や「脾」の蔵に弱りがあり、気の巡りが悪い状態でした。 腹診を行うと、みぞおちに強い筋緊張がありました。 東洋医学では、この状態を「梅核気」といい、 精神的な緊張がノドを始めとする身体上部を緊張させていると考えます。 このケースでは、症状の出る1ヶ月前に職場の異動があり、 そのストレスから症状が出たと考えました。 脾積脾虚症、第3方式で治療を行ないました。 治療を重ねていくうちに自律神経のバランスも整ってきて、 8回ほどの治療で症状は消失しました。

    のどの詰まり感 30代 女性

  • 30代半ばで結婚し、すぐに不妊治療を始められましたが、 なかなかうまくいかなかったそうです。 2年ほどが経過し新たな気持ちで不妊治療に挑もうと 当治療室に来院されました。 不妊の問題は、東洋医学的にはまず「腎」の問題が上げられます。 東洋医学でいう「腎」とは、腎機能、成長・生殖機能、聴覚機能、 水分代謝、呼吸機能、骨、脳、原気(生命力の根本)など指し、 「腎」の蔵というグループとして捉えます。 「腎」の弱い方は、足腰が弱い、元気が出ない、浮腫む、 体が冷えるといった症状を持っている場合が多く、 生殖器もうまく機能しません。 したがって不妊に繋がります。 また「肝」が弱い場合もあり、 「肝」は生殖器等を栄養する「血」に関わる蔵なので、 この場合も不妊に繋がります。 多くの場合、両方の蔵が弱っていることが多い印象です。 しかし不妊症の原因はそれだけではなく、 精神的な問題も大きく影響します。 この方の場合も感情の問題があり、 まずは当治療室のカウンセリングを受けられました。 そこである気づきがあったようです。 その後、鍼灸の治療も定期的に受けられるようになりました。 やはり腎が弱く、足腰がかなり冷えていました。 治療を続けられるうちに、次第に冷えがなくなり、 体が温かくなってきました。 6週間ほど治療を受けられた時、脈に妊娠の徴候が診られ、 次の週に妊娠していたとの報告を受けました。

    不妊症 30代 女性

  • 35週目の妊婦さんで、逆子の治療で来院されました。 逆子とは、母体内で胎児の頭が上になっている状態です。 正式には「骨盤位」といいます。 通常は32~36週くらいで頭位(頭が下の状態)に落ち着くことが多いですが、 生まれる数日前まで逆子の場合もあります。 出産時になっても赤ちゃんが逆子のままだと、帝王切開になることがあります。 原因は多胎妊娠、子宮の問題(子宮筋腫など)、胎児の未熟性、羊水の量、 胎盤の問題などが考えられていますが、はっきりとした理由は不明です。 東洋医学では、基本的には胎児は母体の一部であるという認識であり、 母体の体調が胎児に影響して逆子になると考えます。 東洋医学の陰陽観でみれば、本来母体内で陽位である胎児の頭は、 母体の陰位である下腹部にあって陰陽が調和しているものです。 しかし母体の異状でそれが逆の位置になってしまいます。 具体的にいえば、母体の気の流れが悪く、冷えを起こしています。 腹部は硬く、腰から下肢にかけての冷えがあるようです。 腹部の硬さはそのまま胎児の動きに影響を与えます。 そのような母体内の環境に、 胎児が苦しんで位置を変えているのが逆子ともいえます。 治療は冷えを取ることを行ない、 2回ほどで正常な位置に直りました。

    逆子 30代 女性

  • 1週間前から左肩に痛みを感じていたが、そのまま放置していたそうです。 5日前に朝起きてみると、左まぶたや左の口に異状を感じ、 病院を受診すると「ベル麻痺」と診断されました。 飲み薬を処方されましたが徐々に悪化していき、 次第に麻痺が強くなり、顔が歪んでしまいました。 医師からは糖尿病もあるので70~80%しか回復しないといわれ、 医師の勧めもあり、鍼治療を希望され来院されました。 左の額のしわ寄せが出来ない状態で、閉眼も不可。 「イー」「ウー」の発音時も左口角が動きません。 首や肩の筋が強く緊張していました。 脈を診ると、脈の圧力が強すぎる状態でした。 非常にバランスを欠いた状態です。 お腹を診ると、下腹に力なく、みぞおちが強く緊張していて、 全身が冷え切った状態でした。 3回の治療後、微かに左顔面の筋に運動が見られました。 7回の治療でほぼ左顔全体に動きが出てきました。 9回の治療で90%程度麻痺は回復しました。 11回の治療で運動はほぼ正常になりました。 多少感覚に違和感が残るといいます。 その後順調に回復し、全快しました。

    顔面神経麻痺 60代 女性