Go to Top

ホーム

松戸 鍼灸治療 心療内科

脊椎鍼灸療法

自律神経、内臓、骨格を整える鍼灸治療です。
ストレス性疾患、過呼吸、動悸、吐き気、めまい、頭痛、喉のつまり感、抑うつ、不眠、慢性的な首・肩・腰の痛み、慢性疲労、原因不明の不妊症、目の疲れ・痛みなどに。

詳細はコチラ
心理カウンセリング 松戸 心療内科

心理相談

「ありのままの自分」を発見し、より楽に力を抜いて毎日を過ごすことができるためのサポートを致します。

詳細はコチラ
松戸市 鍼灸

症例集

プラナ松戸治療室の症例集です。めまい、息苦しさ、動悸、離人症、頻尿、聴覚過敏、不妊症、首の痛みなど。

詳細はコチラ

ご予約・お問い合わせフォーム

ご予約、ご相談、ご質問などはこちらのフォームをご利用下さい。

新着情報

眼瞼下垂と舌のもつれの鍼灸治療

30代女性。昨年の夏頃から瞼を開けていられない、
また舌がもつれて喋りにくいとのこと。

病院でMRIを撮っても脳腫瘍や脳梗塞などの脳内の問題は見つからなかった。

当治療室で問診をしているときも、
右瞼が下がってきて、目を開けているのが辛そうだった。

また舌がもつれて、時折発話がしづらそうな状態。

体を観察すると眼精疲労が強く、神経系に強い疲労があり、
そして消化器に問題が出ていた。

東洋医学では「脾の蔵」、現代医学でいう消化器に問題があると、
臓器が下垂してくることを観察してきた。これを「中気下陥」という。

また胃に問題があると舌がもつれることがある。

さっそく脊椎鍼灸療法で神経系、目、消化器の治療を行う。

治療後、驚いた表情で目を見開いて「目が開きます。喋るのも楽!」と
喜んでおられた。

現代医学のみでは今でも症状に苦しんでいたことだろう。
上手に東洋医学的な治療を選択したことで良い結果に繋がったケース。

 

 

 

 

 

妊娠36週逆子の鍼灸治療

30代女性。現在第二子を妊娠、36週目。検診で逆子(横位)と判明。
産科では帝王切開を勧められているとのこと。

出産までギリギリだが、何とか帝王切開は避けたいとの思いで
当治療室へ来室されました。

一般的な逆子の鍼灸治療では足の小指の爪際にある「至陰」や
足首の内側にある「三陰交」といったツボにお灸をします。


至陰穴


三陰交穴

これらのツボは骨盤を緩めたり、子宮を温めたりする作用があり、
逆子に効果的ですが、常にうまくいくとは限りません。

やはり専門的に体の状態を観察して、体を整える必要があります。

逆子になる体は多くの場合、腰椎が捻れています。
この腰の捻れが取れないと、上記のツボもシャープに効果が出ません。

今回のケースも腰が左に捻れていましたので、脊椎鍼灸療法で腰の捻れを治してから
上記のツボにお灸をしました。

鍼灸施術3日後に検診があり、逆子が治っていたとご報告を頂きました。

ちなみに腰が捩れている妊婦さんは悪阻が酷かったり、出産予定日が来ても
なかなか子宮口が開かずに出産が困難になることがあります。

妊婦さんに取って腰はまさに「要」なのです。

突発性側湾症の鍼灸治療

突発性側湾症とは

突発性側湾症は原因不明で脊椎が歪んでしまう病気です。

女性のバレリーナに多いことが知られていますが、当治療室に訪れた突発性側湾症の方は全員が痩せ型の女性で、小学校から中学校時代にかけて発症しています。

遺伝要因が指摘されており、親御さんに側湾がある場合には子供に遺伝する可能性が高くなります。

原始反射のGalant反射が生後6ヶ月以降も残存している場合に発症するという説もありますが、Galant反射が残っていない方も多い印象です。

突発性側湾症の症状

側湾症の方は背中の痛みだけでなく、頭痛や食欲不振、息苦しさ、動悸などを訴えられます。

一般的に側湾が悪化し胸郭が歪むことで心肺が圧迫され、動悸や息苦しさが出現するといわれていますが、そこまで悪化していなくても動悸や息苦しさを訴えられるケースはあります。

これは内臓と関連の深い脊椎にストレスが加わることが原因のようです。

突発性側湾症の鍼灸治療

このような遺伝要因が関わる疾患を治すことはたいへん難しいです。

鍼灸治療の目的は脊柱を真っ直ぐにすることではなく、脊柱を歪めている背中の筋肉の緊張を緩めることで頭痛や動悸、息苦しさ、食欲不振などの症状を緩和させます。

突発性側湾症の方の身体的特徴は脊椎が湾曲していることですが、これは脊椎近傍の筋肉群が緊張しているためです。

この筋緊張を緩和させるには背中に鍼をするだけでなく、手足の歪みを取る必要があります。

脊椎近傍の筋肉と連鎖している手足の歪みを調整すると、背中の筋緊張が緩み、内臓への負担が軽減され、頭痛や息苦しさ、動悸、食欲不振などの症状が改善されていきます。

突発性側湾症を悪化させないために

場合によっては側湾の歪み自体が随分と改善されるケースもあり、鍼灸治療は側湾を今以上に悪化させない可能性があります。

突発性側湾症が判明したら、なるべく早い段階から鍼灸治療を受けるといいと思います。

代表プロフィール

稲森 英彦 Hidehiko INAMORI

プラナ松戸治療室代表

1968年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。
1998年に鍼灸師資格を取得後、心療内科に勤務。
2005年に自律神経系・心療内科系鍼灸院のプラナ松戸治療室を開設。
現在(2023年)臨床歴25年。

アクセス

JR武蔵野線
新八柱駅・新京成線八柱駅から徒歩3分。
千葉県松戸市日暮3-10-10 カーザ日暮505
TEL 047-301-9015
アクセスを見る