Go to Top

鍼灸治療のご案内

鍼灸で自律神経を整える

自律神経の働き

自律神経が乱れると過呼吸、動悸、吐き気、食欲不振、のどのつまり感、めまい、頭痛、慢性的な首・肩・腰の痛み、慢性疲労、不妊症など、じつに多様な症状を引き起こします。

それが長期に渡ると現代医療では自律神経失調症と言われることがあるようです。うつ病やパニック障害なども症状の背景に自律神経の乱れが大きく関わっています。

自律神経は全身の器官をコントロールしています。自律神経には交感神経と副交換神経があり、交感神経は主にアクセル役、副交感神経はブレーキ役です。

交感神経は体を活動的にさせ、昼間に優位になり仕事や家事をするときに働いています。一方の副交感神経は体を穏やかにさせる働きがあり、リラックスしているときや就寝時に優位になります。

自律神経が乱れた状態とは、この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかない状態であり、上記のようにじつにさまざまな症状が表れてくるのです。

自律神経が乱れた体の特徴

自律神経が乱れた体には特徴があります。それは体が冷えて硬張っていることです。健康的な体は、例えば赤ちゃんの体を思い出せば分かるように、温かくて柔らかく、弾力があります。とてもリラックスして自律神経の働きが良い状態です。

しかし、精神的ストレスや緊張、トラウマ、外傷、食べ物の影響などにより私たちの体は硬張り、弾力性を失っていきます。

首や肩が凝ってきたり、腰が痛くなったり、身体中が疲れて倦怠感が起こったりします。このようなときは交感神経が優位な状態にあり、体は興奮状態なのです。このような状態が続くことで自律神経が乱れていきます。

硬張りの部位と症状

体が硬張る部位は人それぞれ特徴があり、一定ではありません、そのため人それぞれに異なった症状が出てきます。

神経は背骨に沿って各器官に繋がっています。例えば胸椎レベルですと心臓や肺を支配していますし、腰椎レベルですと腸や膀胱などを支配しています。

ですから例えば背中の上部が硬張るタイプと腰が硬張るタイプとでは症状が異なります。背中の上部が硬張るタイプは呼吸器や心臓に影響が出やすく、風邪を引きやすかったり、息苦しくなったり、動悸が出たりします。

一方の腰が硬張るタイプは腰痛や腹痛、食欲不振、頻尿や膀胱炎などの症状が出やすくなります。また器官にはホルモンや免疫系に関わるものもあり、硬張る部位によってはホルモンバランスや免疫の乱れにも繋がります。

東洋医学のツボと症状の関係

このような背中のどの部分が硬張り、どのような症状が出るかは東洋医学のツボ(経穴)概念で説明されています。

硬張りの部位にツボが現れ、そこを鍼や灸で刺激すると、それらの症状が改善されることが数千年前から知られています。

プラナ松戸治療室では長年の臨床経験により、鍼灸による自律神経の調整法を確立しています。体の硬張りを鍼灸で緩めることで副交感神経を優位にしてリラックスした状態を生み出します。また各症状の原因となるツボ反応を的確に把握し調整していきます。

ぜひ当治療室の鍼灸治療で自律神経を整え、リラックして温かく弾力のある体を取り戻し、あなたの人生をエンジョイして頂きたいと思います。

 

お問い合わせ・ご予約はコチラから。

【鍼灸治療の料金】

初診時   10,000円/ 約60分(税込)
二回目以降 7,500円/ 約45分(税込)

回数券  36,000円/ 5回分(税込)、6ヶ月有効、払戻不可。

※初診で自律神経を調整する場合、通常4〜5回ほどで変化してきます。
したがって5回をワンクールとお考えください。
安定するのに2クールほど必要になるケースが多いです。

【キャンセルポリシー】

当日のキャンセルは全額お支払い頂きます。
それ以外のキャンセルは無料です。
なおキャンセル日の前日が休診日の場合は、コチラからその旨をお知らせ下さい。

【鍼灸の衛生面について】

鍼は主に直径0.14mmの髪の毛のような細いディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。痛みはほとんどなく、感染の心配もありません。