Go to Top

月刊『医道の日本』誌に『鍼灸師による「気」の発見』が掲載|プラナ松戸治療室


月刊『医道の日本』誌2020年3月号に当治療室代表の論文『鍼灸師による「気」の発見〜医療人類学的視点によるナラティブ分析』が掲載されました。

鍼灸師がどのようにして伝統的な「気」の文化を受け入れて再社会化されていくのかを、鍼灸師のインタビューを通して明らかにしていきます。

明治の欧化政策以降、西洋的唯物論が支配的な日本社会の中で、近代公教育を受けた鍼灸師がどのようにして「気」の文化を発見し内面化させていくのかを論じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です