Go to Top

ブログ

緊急事態宣言に伴う当治療室の診療について|プラナ松戸治療室

本日、緊急事態宣言が発令されました。 当治療室の診療ですが、感染防止に努めながらこれまで通り継続致します。 ご予約も通常通り受け付けております。 ただしコロナの感染拡大防止の観点から風邪症状(発熱、咳など)がある場合は、 …Read More

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵③ー鎖骨窩を緩めてコロナ肺炎を予防するー|プラナ松戸治療室

今回は、新型コロナウイルスに感染したとしても、肺炎に移行させないためのご家庭でできる東洋医学的な予防法をシェアします。 呼吸器系の状態を反映する鎖骨窩 呼吸器系と関連の深い身体部位は鎖骨窩(図1)です。 鎖骨窩とは鎖骨上 …Read More

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵②ー鳩尾を緩めてコロナうつ・コロナ疲れを解消するー|プラナ松戸治療室

潜在的な不安を解消する 自然治癒力を高めるには身体のこわばりを緩めることが大切です。 新型コロナウイルスのニュースをテレビやネットで見て、不安を募らせている方も少なくないでしょう。 そのような不安は潜在意識に溜まっていき …Read More

新型コロナウイルス対策に活かす東洋医学の知恵①ー自然治癒力を高めてコロナ感染を予防するー|プラナ松戸治療室

自然治癒力を高めることが新型コロナウイルスの最大の防御になる 新型コロナウイルスが猛威を振るっています。公衆衛生の専門家らはワクチンや治療法がない現在においては自分の免疫力を高めて予防し、また治すしかないと言っています。 …Read More

脊柱管狭窄症の鍼灸治療|プラナ松戸治療室

脊柱管狭窄症には鍼灸が適しています。鍼灸は痛みや痺れ、血流の促進、発痛物質の除去などに効果が認められているからです。病院の痛み止めや神経ブロック注射の効果が乏しかったり、手術を検討される前にぜひ鍼灸治療をお試し下さい。 …Read More

月刊『医道の日本』誌に『鍼灸師による「気」の発見』が掲載|プラナ松戸治療室

月刊『医道の日本』誌2020年3月号に当治療室代表の論文『鍼灸師による「気」の発見〜医療人類学的視点によるナラティブ分析』が掲載されました。 鍼灸師がどのようにして伝統的な「気」の文化を受け入れて再社会化されていくのかを …Read More

NHK「東洋医学ホントのチカラ」うつ病の鍼治療と脳還元論の問題|プラナ松戸治療室

2/5にNHKで「東洋医学ホントのチカラ」の第二弾が放送されました。テーマは「冬に起こりやすい心身のトラブル」でうつ病にたいする鍼治療が紹介されていました。 うつ病にたいする鍼治療の生物学的根拠 うつ病の鍼治療の研究では …Read More

いつも体調が優れないひとはエンパスかも知れない|プラナ松戸治療室

いつも体調が優れないという方が、実はエンパスだったということがよくあります。 エンパスとはempathy共感能力が高い人たちをいいます。周りの人や場が持つエネルギーに対して敏感で、感情的に乱れた人やエネルギーの悪い場所に …Read More