Go to Top

秋口のめまい・腹痛・吐き気・頭痛・カゼなどの症状は「冷え」が原因|プラナ松戸治療室


◾︎ 秋口は体が冷えて自律神経が乱れる

しだいに秋めいて来ました。

この時期は朝方に気温が下がり、知らない間に体は冷えています。

そのせいで自律神経が乱れ、めまいや吐き気、腹痛、頭痛、カゼなどの症状を訴える方が増えます。

そのような症状が現れたら、ぜひ足湯をしてみて下さい。

一週間も続けると症状が随分と落ち着くはずです。

 

◾︎ 足湯のやり方

足湯のやり方ですが、温度は43〜45度くらいで足を浸けたときに熱いと感じるくらいがよいでしょう。

お湯の温度が下がらないように、途中で熱いお湯を足します。

足湯の部位はくるぶしより少し上まで浸けます。

9d5e8e311a6a501adc7da5e57cfecd85_s

足湯の時間の目安は背中や肩がジワッと温かく感じるまでです。

おおよそ6分くらいだと思います。

これを毎朝行います。1日に2〜3度行っても構いません。

また咳や胃腸症状が強い場合は、湯船で膝立ちをして脚湯(きゃくとう)をします。

脚湯は膝下が完全にお湯に浸かる状態にします。

時間や温度は足湯と同じです。

朝と寝る前に行うと良いでしょう。

 

◾︎ ご自身で健康管理を

冷えによる症状は、病院にかかってもなかなか改善しないことが多いようです。

足湯を定期的に行い、ご自分で体調管理をされてみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + eleven =