Go to Top

春先のぎっくり腰(急性腰痛)への認知鍼灸療法|プラナ松戸治療室


春先に多いぎっくり腰(急性腰痛)

春先になるとぎっくり腰(急性腰痛)の患者さんが増えます。これは気温が温かくなったり冷えたりしながら春に向かう「三寒四温」によって、体が疲れて冷えてしまうためです。

腰の筋肉も冷えて緊張しています。このような状態で腰に負担をかけると「魔女の一撃」でぎっくり腰になってしまうのです。

また気温が上がってくるとどうしても薄着になりたくなりますが、多くの人は三寒四温による疲れが取れていません。体の芯は冷えているのです。ですから性急に薄着になるのは良くありません。体の芯が温まるまで薄着は控えた方が無難です。

冷えた飲食も体を内側から冷やすため良くありません。温かくなってきた春先は冷たい飲食よりも、むしろ温かいものを摂った方が良いのです。

ぎっくり腰の原因は「風寒(ふうかん)の邪」

東洋医学では体を冷やす邪気を「寒邪(ふうかん)」といいます。春先は風が強くなりますが、風に当たると体は冷えます。これを「風寒」といい「カゼ」を引く原因になります。春先は風寒の邪が体に入りやすい時期なのです。

この時期に「風寒」が体に入るとカゼっぽくなり筋肉は冷えて緊張します。これがぎっくり腰を引き起こします。またこの時期の寝違いも同様です。朝起きてみたら首が痛くて回らなくなることがありますが、それは風寒の邪に入られたことの結果なのです。

このような状態で無理にストレッチや運動などをすると、かえって悪化することがあります。また痛む部位を指圧しても同じように悪化することがあります。こじらせると患部が炎症を起こして長引いてしまいます。ですからぎっくり腰だと思ったら、すぐに専門家に相談すると良いでしょう。

ぎっくり腰の鍼灸セラピー

ぎっくり腰の鍼灸治療は比較的シンプルです。風寒の邪を鍼で抜いて、お灸などで体の芯の冷えをとるだけです。すると冷えた体は血液やリンパ液の循環を取り戻し、体が温まっていきます。その結果、強張った筋肉は緩み痛みが減少していきます。

早いと数日で、遅くても一週間以内には全快することが多いです。しかしこじらせてから鍼灸治療をすると時間がもっとかかってしまいます。また無理をすると、場合によってそのまま慢性腰痛になることもあります。ですから腰に異状を感じたら早めに治療をされると良いでしょう。やはり早期発見、早期治療が大切です。


遠方の方のための【Skypeセッション】

6e946f47a2493d0f7a935a06fb133fa0_m

当治療室に来院できない遠方の方のためのSkypeを使ったセッションです。詳細な問診や視診を行い、万病の元である「冷え」がいつから起こり、今どのような状態なのか、そしてどのようにしたら改善されるかなどをご提示致します。

【内容】
あなただけのオーダーメイドな内容になります。冷えとり気功、冷えを取る食事、冷えを取る服装、冷えを生まない心の持ち方、遠隔ヒーリングなど、あなたの現状に必要な内容をご提示致します。

【手順】
1. コチラからお申し込み下さい。
2. 折り返しセッションの可能な日時をお知らせ致します。
3. その中からセッションご希望日時を選択してください。
4. こちらから申請を行いますのでプラナのSkype IDを「連絡先の追加」に登録して下さい。
5. セッション3日前までに料金を指定銀行口座にお振込み下さい。
6. ご予約日時にセッションを行います。

【セッション時間】 60分(終了時間は前後することがあります)

【料金】 10,000円

【お支払方法】 銀行振り込み(振り込み先はメールにてお知らせ致します)

※ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − eight =