Go to Top

「春」は慢性病を治すには良い時期|プラナ松戸治療室


まだまだ寒いですが、立春を迎え暦の上では「春」です。
東洋医学では春は温かい「気」のエネルギーが高まってくる時期で、
春から夏に向かって慢性病を治すにはいい時期と言われています。
万病の元は「冷え」ですが、自然界に温かいエネルギーが高まることで、
体にも自然に陽気が高まり冷えをとってくれるのです。
この自然界の流れに乗って「冷え」をとる治療を始めると、
とても効果が上がります。
そうは言っても春先はまだまだ体を冷やします。
なるべく厚着をして、薄着になるのは体の芯が温まってからにしましょう。
特に春先の風で体を冷やすことがあります。
飲み物は温かいものを頂き、ショウガやトウガラシなど温性の食べ物で体を温めます。
自然界の流れを利用し、うまく慢性病を治療されると良いでしょう。
心理カウンセリング鍼灸 プラナ松戸治療室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)